<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

報告

心温まるお悔やみに励まされ 無事大きなセレモ二ーをおえることが出来ました

病院から電話が入り 急いで職場を離れる支度をしているとき
一回り下の同僚が 帰り際の私に現場から大きな声で声をかけてくれた
「〇〇さん 深呼吸して深呼吸だよ深呼吸」
覚悟はしていた あわててない 冷静なつもりでした
でも きっと あわててたんだろうね 
彼女の助言とおり
車に乗る前 降りるとき そして父を看取ったとき
そのつどそのつど深呼吸をした

悲しみにひたるまもなく 大きなセレモニーを前に不安になっているとき
彼女からメールが入る
大丈夫なんとかなるから絶対なんとかなるから

彼女は結婚前20代で父親を看取っていた
彼女の助言とおり 何度も何度も深呼吸をしながらがんばった

はじめての経験
わからないことだらけ
そのつどそのつど いろんな人の力をかり
失敗は素直に謝り精一杯やった

通夜と葬儀の間は父の好きだった曲をエンドレスで流した
これはTAKUが一晩で編集した
遺影はWAKAが成人式のとは一緒に自宅でとった写真
着ているものを背広などに変えることができるそうだか
あえて そのまま トレーナーにフリースのチョッキ
会場の入り口に用意したメモリアルボードにはWAKAが携帯で
撮っていた ピースサインやホッかぶり姿の間抜けな父の写真で飾った
横には山菜とりの時愛用の ふご(竹細工の腰に下げるもの)をおいた
そして 棺の父の頭には数年前誕生日にTAKUとWAKAに買ってもらった
お気に入りのユニクロの毛糸の帽子をかぶせた

ここ数日間 夫婦で親子で姉妹でそして親戚と
何度も何度も話しをした 時間はかぎられた時間だったけれど
それはそれは 中身の濃い時間だった

私 できました
ちゃんとできました

そのつど そのとき 精一杯考えて
できることを精一杯やりました
後悔がまったくないといえば嘘になりますが
悔いはありません
一緒に乗り越えてくれた家族を誇りに思います

生前の父は ひと言で言えば馬鹿正直な働き者
学歴や地位や名誉もなかったけれど一生懸命まじめに働き
家族をまもってくれました
相手が偉い人だろうがそうでない人だろうが関係なし
だれとでも平等に付き合う人でした
それは決して意識してではなく本能?での姿で
父にとってはそんのの関係なかったのでしょう
私も ここ数年 表裏のないところが好きですといわれることが
何度かありました
確かに私も人と付き合うとき学歴や地位はまったく
関係なくどうでもいい人
父からのDNAだったようです
父の正直に自慢することなくどんな仕事も一生懸命に取り組む
DNAは孫たちにも受け継がれたようです

命のバトンしっかりと父から受け継ぎました
はじめて経験したいろんなことで
私も少し成長した気がします

自分の経験から 私に声をかけてくれた若い同僚のように
私も声をかけてあげられる人でありたい
表裏なく正直に自慢することなく笑顔で
一生懸命働いていきたい
父のように
[PR]
by a-jun0109 | 2013-02-16 21:57 | Comments(0)

がんばるよ

5日夕方、父が最後の幕をひきました
眠るように、穏やかなに安らかな
最後でした
最後のひと呼吸まで精一杯がんばった父でした
そんな父の娘らしく
これからのことがんばります

がんばるよ わたし
[PR]
by a-jun0109 | 2013-02-06 00:51 | Comments(10)

二月はじめの週末

c0029190_205377.jpg


久しぶりに娘とランチ♪
酸味のきいたトマトソースのピザ
おいしかったー

ほぼ日の4月はじまり手帳
気に入った柄だったので
早めに購入
新しい手帳ってワクワクするね

買い物とランチをすませ父の病院へ
ジジの髭をひっぱる孫娘(笑)

帰宅してうぐいす餅で三時のおやつ
皆でおやつのあと 今度は妹と息子と夫が
病院へ

夕食前に豆まき
去年は父が元気よくまいてたんだけどな・・・
今年は息子が地味に(笑)まきました

夕食後の洗い物は夫が洗ってくれました
ゆっくり お風呂に入って
かさかさのかがとにたっぷりクリームぬりました

しあわせな一日でした
[PR]
by a-jun0109 | 2013-02-03 20:52 | Comments(2)

ポッシェットくん

後ろ髪ひかれるおもいで仕事にいかなきゃない時もある
でも仕事場に入ったら 切り替えるようにしている
集中しないと 大きな事故につながるから

そんな日は子供達の笑顔に救われる
いつも ママ手作りの小さなポシェットを下げている
一年生の男の子
卵のようなつるんとした顔にくりくりの目
すごーーーーくかわいい
彼は給食を食べるのが遅く 後から配膳にくる
ごちそうさまでした と食器をさげたあと
飛び跳ねるようにスキップして帰る
その後ろ姿がまたとってもかわいい♪
彼のポシェットの中にはハンカチちり紙のほかに
大切な大切なお薬がはいってること 最近知った

ポシェットくんの笑顔に救われ癒されている私たち
そのポシェットくんの笑顔を守るため
一生懸命なポシェットくんのママ

言葉はかわしたことがなくても
顔をあわせたことがなくても
世の中はそーやってぐるぐるまわってる

c0029190_2131697.jpg

                WAKAが煮た金柑
                 美味しい~♪

[PR]
by a-jun0109 | 2013-02-02 21:02 | Comments(0)

春待ち花

c0029190_2035159.jpg

赤いチューリップ
バレリーナ

食材のアスパラ菜から
一本の菜花

今月のバラは
啓翁桜とともに











あっというまに2月
明日は節分
今日は全国的に気温があがったようで東京が20度!!
仙台も気温はあがりましたが 空模様がどんよりしていたせいか
春~~~って感じはなく
そして 明日は また気温がさがるらしい
こうやって 季節はうつりかわっていくのですね

父が入院してから もうすぐ一年
いつ なにがおきてもおかしくありません
覚悟しておくようにといわれて・・・
でも さすが私の父です(笑)

父をみていると思います
人にはそれぞれの老いかたがあると
誰しもが思います 回りに迷惑をかけないでしっかりとしたまま逝きたいと
でも今私が思うのは けっして迷惑じゃないってこと
確かに自分の時間やゆとりはなくなり先のことなどかんがえる余裕もなく
ただ一日一日をクリアーする日々
丁寧な暮らしとは程遠い毎日だけど
父を中心とした中で家族や周りが風のように流れていく
とっても うまくいえないんだけど
今の父の状態になったからこそ こうやって父とむきあえる
それは母との関係もそう
元気だったころは こんなに向き合おうとしなかった
その様子をしっかりと見て 自分の立場で行動している我が子たち
祖父母に無条件で愛された孫たちは
今 無条件で祖父母を愛しそれを行動している
私が何ひとついいわないのに 行動する息子と娘の姿に
いつもは私の子育て失敗だった・・と思ってばんりだったけど
はじめて 私の育て方 間違ってなかったって
祖父母な接するふたりをみてて思えた
これも父のおかげだ

今 父はほんの数ミリ幕を残し
その間から チラ見してる(笑)
時々 さっと幕をしめるふりをして
やっぱり もーちょっと なーんて隙間からのぞいてる
お茶目な父だ
そんな父の DNA 引き継ぐ家族らしく過ごしていきたい

家族それぞれに節目や決断や
そんな年になりそうです
そんな家族を支えながら そして支えられながら

がんばれ わたし♪

いいよね たまには こんなセリフ♪
[PR]
by a-jun0109 | 2013-02-02 20:03 | Comments(0)

杜の都から季節の風を


by a-jun0109